読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフレのぐっすりずむ

リフレのぐっすりずむの紹介情報サイトブログです。

リフレのぐっすりずむの効果と副作用

人気No1睡眠サポートサプリ リフレのぐっすりずむ
↓↓↓
ぐっすりずむで目覚めすっきり。L-テアニン配合の【機能性表示食品】リフレのぐっすりずむ詳細はこちら

睡眠サポートサプリ リフレのぐっすりずむ!機能性表示食品 届出番号:A227はこちら


ぐっすりずむで目覚めすっきり。L-テアニン配合の【機能性表示食品】リフレのぐっすりずむ詳細はこちら

「リフレのぐっすりずむ」には、L-テアニンが一錠中に200mg含まれています。 このL-テアニンが機能性関与成分として、睡眠の改善と起床時の眠気の軽減、 疲労感の回復、一過性のストレスを和らげる機能があるとされています。 L-テアニンはお茶に含まれるアミノ酸の一種で、うまみ成分グルタミン酸の 誘導体で、血液脳関門を通過できる物質です。 睡眠改善効果が期待されることで有名なセロトニンやGABA(ギャバ)は、 血液脳関門を通ることができないません。血液脳関門を通過できなければ、 脳内のセロトニン量を増加させる効果も期待できず、セロトニンから合成 される睡眠ホルモン、メラトニンの増加も期待できないのです。 そのため、セロトニンの前駆体であるトリプトファンを摂ることによって 脳内のセロトニン量を増加させようとするサプリメントもあります。 ただ、脳内のセロトニン量を人為的に増加させると、ときとして、 セロトニン症候群と呼ばれる副作用が起きることが知られています。 近年では、脳内のセロトニン量を増加させることでうつ症状を改善する 向精神薬、選択的セロトニン再取込阻害薬(SSRI)を連用することで、 自殺衝動や殺人衝動といった副作用が出る可能性が増すことも問題に なっています。 なかなか寝付けない、眠れない、睡眠の途中で目が覚めてしまうという、 いわゆる睡眠障害は、脳内のセロトニン量だけが原因ではなく、ほかにも 心理的な要素や社会的な要素などが原因となっていることがあるため、 単にセロトニン量を増やせば睡眠障害やうつ症状が改善するとは限らない のです。 では、病院で処方される睡眠薬抗うつ薬がどの程度有効なのかを見て みましょう。 ロヒプノールサイレースといった商品名で有名な睡眠薬フルニトラゼパムの有効率は、67.8%です。 マイスリーという商品名の睡眠薬ゾルピデム酒石酸塩の有効率は、59.6%。 抗うつ薬SSRI系の薬剤の有効率も、だいたい6割です。 つまり、睡眠薬抗うつ薬は、6割くらいの人には効くけれど、 4割の人には効果がないということです。 市販されている睡眠改善薬、ドリエルの睡眠改善効果は、82.1%(医師), 79.2%(利用者)とされていますが、エスエス製薬の添付文書を見ると微妙です。 「効いた気がする」という人たちも「有効」に含めているからです。 http://www.ssp.co.jp/drewell/efficacy/ 睡眠薬も睡眠改善薬も「効く人もいれば効かない人もいる」という程度の効果 しかなく、「医者が効くというのだから効くのだろう」という心理的な安心感 で効いている場合も多いともいえます。 ※ただし、睡眠薬は、効く人には即効性があります。 ロヒプノールサイレースは、アメリカでは麻薬扱いです。 眠れない、寝付かないというのは、本当につらいものです。 ですから、その状態が長く続いて苦しいというときには、 心療内科や精神科で受診したほうがいいでしょう。専門の医師が原因を探って、 必要な場合は、適切な薬剤を処方してくれます。 それほどでもないという場合は、とりあえず、サプリメントを試してみましょう。 市販の睡眠改善薬より副作用がなく、効果が穏やかなものもあります。 ※サプリメントにも、セントジョーンズワートバレリアンといった、 他剤と併用した時に副作用が出るものもあります。そうしたサプリメントは 避けた方が無難です。 「リフレのぐっすりずむ」は、L-テアニンの作用で、睡眠の質を改善善し、 睡眠時間延長感を高め、すっきりとした目覚めと起床時の眠気の軽減、 疲労感の回復に役立つ効果があります。 また、イライラや焦燥感、精神的な落ち込みなど、ストレスの緩和を改善する 効果もあります。 「リフレのぐっすりずむ」の公式ホームページには、消費者庁に届け出た、 詳細な「機能性表示食品届出情報」が掲載されているので、一読してください。