読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフレのぐっすりずむ

リフレのぐっすりずむの紹介情報サイトブログです。

「リフレのぐっすりずむ」の成分と効果

人気No1睡眠サポートサプリ リフレのぐっすりずむ
↓↓↓
ぐっすりずむで目覚めすっきり。L-テアニン配合の【機能性表示食品】リフレのぐっすりずむ詳細はこちら

睡眠サポートサプリ リフレのぐっすりずむ!機能性表示食品 届出番号:A227はこちら


ぐっすりずむで目覚めすっきり。L-テアニン配合の【機能性表示食品】リフレのぐっすりずむ詳細はこちら

【睡眠】 (ア)標題 L-テアニンの摂取は、夜間の健やかな眠りをサポートし、覚醒後の疲労感を 回復させると考えられます。 (イ)目的 治療を受けていないが睡眠に不安をかかえる健常成人に、最終製品”リフレの ぐっすりずむ”に含有する関与成分L-テアニンを含む錠剤 (L-テアニンとして200mg)を就寝前に摂取させると、プラセボと比べ 睡眠の質が改善するかどうかについて、起床時の昨夜の睡眠に関する アンケートや睡眠中の生理学的指標について調査しました。 (ウ)背景 L-テアニンの睡眠改善効果について、個々の文献では報告されているものの、 それらを網羅的に評価された文献はなかったため、L-テアニンが夜間睡眠の質を 改善するかを結論付けることは出来ませんでした。そこで、 検証が必要となりました。 (エ)レビュー対象とした研究の特性 英語文献検索には、Pubmed(検索対象期間:1971年~2015年3月8日)、 Cochrane Library(1997年~2015年2月12日)のデータベースを用い 2015年3月8日に検索を実施しました。また、日本語文献は、JSTPlus (検索対象期間:1981年~2015年3月4日)、JMEDPlus(1981年~2015年3月3日)、 JST7580(1975年~1980年12月8日)のデータベースを用い2015年3月13日に検索 を実施しました。健常日本成人を対象集団とし、L-テアニンを摂取しない群と 比較した試験デザインである2報の文献を評価しました。これらの文献は原料を 販売している企業と国立研究機関との共同研究の結果です。 (オ)主な結果 評価した2報の結果をまとめ、統計的に解析した結果、L-テアニン摂取により 目覚めのアンケート調査で「疲労回復感」、「眠気」、「夢み」、 「睡眠時間延長感」の改善が見られました。一方、計測された本来の睡眠時間の 延長はL-テアニンにより影響を及ぼしませんでした。以上より、 L-テアニンの摂取は睡眠の質を良好にし、夢みの少ない深く健やかな眠りを サポートする、またその結果、目覚めたあとの疲労回復に役立つと 考えられました。 (カ)科学的根拠の質 選定された文献が2報でしたので出版によるバイアスの評価に至りません でした。正確性の評価に関してはサンプルサイズが少ないため考慮が必要と されました。エビデンスの一貫性などに特に問題は認められず、 エビデンス総体の質はおおむね良好と考えています。 【ストレス】 (ア)標題 L-テアニンの摂取はストレスを緩和する機能が考えられます。 (イ)目的 健常成人に、最終製品“リフレのぐっすりずむ”に含有する機能性関与成分 L-テアニン200mgをストレス負荷前に摂取させると、プラセボと比べて ストレスをやわらげる機能があるかについて明らかにする目的で、 精神的なストレス負荷におけるストレスのアンケートや生理学的指標 について調査しました。 (ウ)背景 L-テアニンのストレスを緩和する機能について、個々の文献では報告 されているものの、それらを網羅的に評価された文献はなかったため、 L-テアニンはストレスを緩和する機能があるか結論付けることは できませんでした。そこで、検証が必要となりました。 (エ)レビュー対象とした研究の特性 英語文献検索には、Pubmed(検索対象期間:1971年~2015年3月17日)、 Cochrane Library(1997年~2015年2月12日)のデータベースを用い 2015年3月17日に検索を実施しました。日本語文献は、JSTPlus (検索対象期間:1981年~2015年3月4日)、JMEDPlus (1981年~2015年3月3日)、JST7580(1975年~1980年12月8日) のデータベースを用い2015年3月17日に検索を実施しました。 健常日本成人を対象集団としL-テアニンを摂取しない群と比較した 試験デザインである3報の文献を評価しました。 これらの文献2報は原料を販売している企業と大学研究機関との共同研究、 1報は原料の提供はあるが大学研究機関が独自で実施した研究の結果です。 (オ)主な結果 評価した3報の結果をまとめ、統計学的に解析した結果、パソコン作業 といった一過性の精神的ストレス負荷においてL-テアニン200mgの摂取により アンケート調査でストレスの軽減が見られました。また、ストレスに 関連する唾液IgAやアミラーゼのマーカーに関してもテアニンにより ストレスを緩和する機能が見られました。以上により、L-テアニンの摂取は、 精神的なストレスを緩和する機能があると考えられました。 (カ)科学的根拠の質 選定された文献が3報でしたので出版によるバイアスの評価には至りません でした。正確性の評価に関してはサンプルサイズが少ないため考慮が必要と されました。エビデンスの一貫性などには特に問題は認められず、 エビデンス総体の質はおおむね良好と考えています。